のびのびと声が出るだけで気分がいい

ハロー、コンラッドです。

今日は声の話題です。

もう随分前のことですが、
久しぶりに高校時代の恩師と飲んでいた時、
その先生が言いました。

「俺ももうダメだ。昔は、授業中に教科書を読み上げていると、
 声が教室のてっぺんを突き抜けるように出ていたんだけど、
 最近はもう出ない」

その先生は国語の先生だったのですが、
痺れる様ないい声の先生だったんです。

声の事って、気にならない方は全く気にならないでしょう。

ですが、声楽家・歌手の方の方はもちろん、
我々のようなインストラクターにとっても声が気持ちよく出る事は重要です。

10年近く前、
僕もレッスンをしていて声が出づらい回が続いて、
少し集中的に息の出し方を試していた事がありました。

無事に声の調子は回復し、
以前よりも声の出し方についての理解が深まりましたが、
「ああ、こうして声はシワがれていくんだな」
と思った出来事でした。

歳を取ってくると声がしわがれてくるのは、歳のせい、というよりは、
声を出そうとする時に、喉のあたりの筋肉が緊張してしまって、
そこを息が通ろうとするからだと思っています。

すきま風のようにヒューヒューと音がするんですね。

気になる方は、是非声の出し方の研究をしてみて下さい。
どんな風に研究するか? 色々方法はあると思いますが、
50音を1つ1つ、どうやって出したら喉に負担がないか、
とチェックしていくといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です