悲しいから泣くのか、泣くから悲しいのか?


さて、この記事をお読みのあなた!

今、笑顔になって(口角を上げて、目尻を下げて、鼻の穴を広げて)、大声でアッハッハっハと笑ってみてください。

心理学には、

A. 「悲しいから泣くのか」

B. 「泣くから悲しいのか」

と言う議論があります。

・・・どうでもいいじゃないか、そんなもの。

ハーモニー体操には、どちらでもない答えがあります。

さあ、笑顔を作って、(口角を上げて、目尻を下げて、鼻の穴を広げて)、大声でアッハッハっハと笑ってみてください。

これができないようなら、あなたの顔の筋肉はかたまっています。

おかしいことがあろうがなかろうが、

「笑う」には筋肉の働きが必要です。

筋肉が動ける状態であれば、ちょっとしたことがあれば、あなたは笑います。

だから子どもはよく笑います。

筋肉が固まっていれば、大きなことがあってもあなたは笑えません

筋肉は固めないことが大事です。動かしておきましょう。

さあ1時間に10秒でいいですから、笑いましょう。

これも練習。やってるうちにうまくなります

その時に心がどうなったか、ぜひ教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です